スーパー、コンビニ 休業・時短拡大 コロナ禍の年末年始

経済・ビジネス 暮らし 旅と暮らし


新型コロナウイルス感染拡大の中、年末年始は、小売りや外食の店舗で休業などの動きが広がることになる。

「イトーヨーカドー」は、全国のおよそ140店舗中、2020年は16店舗で元日休業を実施したが、2021年は33店舗に増やす。

首都圏や関西を中心に展開する「ライフ」は、例年、全店舗で元日だけ休業していたが、2021年は2日も休む。

首都圏を中心とする「サミット」、「ヤオコー」、「いなげや」は、ほぼ全店で、2020年は元日と2日に休んでいたが、2021年は3日も休み、正月三が日を休業とする。

大手コンビニでは、ローソンが12月30日から正月3日まで、オフィス街などのおよそ90店舗で、休業や営業時間の短縮を行う。

ファミリーレストランでは、12月31日と元日に、一部店舗を除き、「ロイヤルホスト」が休業するほか、「ガスト」や「バーミヤン」、「サイゼリヤ」は短縮営業となる。

「ガスト」や「バーミヤン」は、31日は午後6時まで、元日は、午前11時から午後9時まで。

「サイゼリヤ」は、31日・元日は午後8時まで。

(FNNプライムオンライン12月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース