自爆は近郊在住の63歳男 米・テネシー州 車爆発

国際


アメリカ・テネシー州の繁華街で、クリスマスの早朝にキャンピングカーが爆発した事件で、捜査当局は、63歳の男による自爆だったと断定した。

この事件では、3人が負傷したほか、現場から遺体の一部が見つかっていた。

捜査当局は27日、DNA鑑定から遺体は地元の63歳の男と断定し、この男が単独で自爆した事件だったと発表した。

動機は明らかになっていないが、爆発によって、近くにある大手通信会社の建物が大きな被害を受けていて、一部地元メディアは、IT技術者だった男が、5G通信がアメリカに危害を及ぼしているという陰謀論を信じていた可能性があると報じている。

(FNNプライムオンライン12月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース