噴火警戒レベル3に 鹿児島・諏訪之瀬島

社会 暮らし 気象・災害


28日未明、鹿児島・十島村の諏訪之瀬島で噴火が発生し、気象台は警戒を呼びかけている。

鹿児島地方気象台によると、28日午前2時48分、トカラ列島にある諏訪之瀬島の御岳が噴火し、大きな噴石が火口から南東におよそ1.3km飛んだ。

けが人や被害の情報は確認されていない。

御岳では、12月21日から28日午前10時までに428回の噴火が観測されているが、噴石が火口から1kmを超えて飛ぶのは今回が初めてで、気象台は噴火警戒レベルを入山規制のレベル3に引き上げ、火口から2kmの範囲では、大きな噴石に警戒を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン12月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース