中国・武漢の感染を伝え懲役4年 SNSで発信の市民記者

国際


中国・武漢の状況を伝えた女性に、懲役4年の判決。

中国の市民記者・張展さん(37)は、新型コロナウイルスの流行が深刻化していた武漢を取材し、その情報をインターネットで発信したあと、逮捕・起訴された。

上海で28日、初公判が行われ、弁護人によると、裁判所は「反政府の言論により、公衆に悪影響を及ぼした」などとして、懲役4年の即日判決を言い渡した。

張展さんは、驚いたような表情を浮かべたという。

(FNNプライムオンライン12月28日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース