年末年始は平地も大雪に警戒 国交省と気象庁が緊急発表

社会 暮らし 気象・災害


国土交通省と気象庁は28日午後、緊急発表を行い、年末年始は日本海側を中心に、平地も含めて大雪による立ち往生などに警戒するよう呼びかけた。

国交省・内藤正彦防災課長「大雪による立ち往生に警戒が必要。不要不急の外出は控えてください」

気象庁によると、30日から元日ごろにかけて、強い冬型の気圧配置となる見込み。

このため、北海道から九州の日本海側を中心に、平地も含めて大雪や大荒れとなり、東日本と西日本の太平洋側の平地でも積雪のおそれがあるという。

さらに、日本海側を中心に、元日以降も積雪が続くおそれがあるという。

国交省は、大雪による立ち往生などに警戒し、不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン12月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース