光の柱“サンピラー現象” 氷点下20度の北海道・北見市で

社会 気象・災害


太陽から伸びる、1本の光の柱。

29日朝、氷点下20度近くまで下がった北海道・北見市で撮影された「サンピラー現象」。

これは、空気中の氷の粒が太陽の光に反射し、柱状の光が現れるもので、冬の間、晴れていて風がなく、冷え込みが強まるなど、ある一定の条件がそろわないと見ることができない珍しい現象。

(FNNプライムオンライン12月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース