東・西日本でも大雪のおそれ “数年に一度”の寒気

社会 暮らし 気象・災害


数年に一度の強い寒気の影響で、年末年始は、北日本だけでなく、普段雪の降らない東日本や西日本でも大雪となるおそれがあり、警戒が必要となる。

北日本や北陸の山沿いでは、先日の大雪の影響で、すでに平年の2倍以上の積雪となっているところが多く、なだれや落雪の危険性が高まっている。

今後の寒気の予想は、濃い青で示した大雪をもたらす目安の強い寒気が、31日には、九州まで南下。

その後、2021年1月1日にかけても、北陸や北日本に居座る見込み。

各地の大雪の警戒期間、東北や北陸、関東甲信の山沿いでは、30日から1月2日にかけて、大雪が長引くおそれがある。

さらに、東海から九州などでも、30日午後から1月1日にかけて、断続的に雪が降る予想。

1月1日午前6時までに予想される降雪量は、北陸で80cmから120cm、近畿で50cmから70cm、東北、東海、中国地方で40cmから60cm、関東甲信の山沿いで20cmから40cmなどとなっている。

今回の大雪は、12月16日に、関越自動車道で車が立ち往生した際を上回る大雪となるおそれがある。

十分に警戒しながら、年末年始を過ごす必要がある。

(FNNプライムオンライン12月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース