初詣のお守りも...年末参拝で 感染対策

社会 旅と暮らし


年末年始の感染防止対策として、初詣の分散が呼びかけられる中、年内に参拝を済ませようという動きが広がっている。

毎年多くの初詣客でにぎわう千葉・成田市の成田山新勝寺にも、早めに参拝しようという人が訪れている。

初詣のお守りの授与も、年末から行っていて、年内の参拝についての問い合わせも増えているという。

埼玉県からの参拝客「『年末詣』のため来た」

千葉県内からの参拝客「例年は正月に初詣に来るが、分散してということで、年内に来た。ことしは大変な年だったので、来年は落ち着いて生活できるように。ただ、日常が戻ればと思う」

成田山新勝寺は、1月28日までを初詣の期間としていて、混雑を避けて、無理なく参拝してほしいと呼びかけている。

(FNNプライムオンライン12月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース