元日の参拝客 ほぼ半減か AIが予測

社会 旅と暮らし


初詣の参拝者数は、減少するとの予測が出ている。

これは、携帯位置情報の分析サービスを行っている会社が公表したもので、気象予報やグーグルが提供する感染予測のデータなどをAI(人工知能)に学習させ、1月1日の来訪者数を予測した。

関東地方では、東京の明治神宮で、2020年の同じ日と比べて、51%の減少が見込まれるほか、神奈川県の川崎大師で50%、千葉県の成田山新勝寺でも47%、それぞれ減る見通し。

関西では、大阪府の住吉大社で71%、京都府の伏見稲荷大社で61%の減少が見込まれ、関東と比べて減りが目立っているほか、福岡県の太宰府天満宮でも53%の減少が予測されている。

(FNNプライムオンライン12月29日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース