元日にかけて広い範囲で雪 普段降らない地域でも注意

社会 暮らし 気象・災害


数年に一度の強い寒気の影響で、元日にかけて、日本海側を中心に大雪のおそれがある。

普段は雪が降らない地域でも警戒が必要。

日本列島には、一段と強い寒気が流れ込み、元日にかけて、広い範囲で雪が降るとみられる。

30日夜から雪は強まり、31日にかけて、北陸から山陰を中心に積雪が急増するおそれがある。

31日の夕方までに予想される降雪量は、いずれも多いところで、北陸地方で90cm、近畿地方と中国地方で80cmとなっている。

その後も雪は降り続く見込みで、新潟の関越自動車道で多数の車が立ち往生した、12月中旬を上回る大雪になるおそれがある。

普段は雪が降らない地域でも雪が積もる可能性もあり、警戒が必要となる。
 

(FNNプライムオンライン12月30日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース