荒汐部屋で新たに11人感染 親方や十両・若元春ら

スポーツ 医療・健康


日本相撲協会は1月1日、荒汐部屋で11人が新型コロナウイルスに感染したことを発表した。

感染が確認されたのは、師匠で元蒼国来の荒汐親方と、十両・若元春ら11人。

荒汐部屋では12月31日、幕内・若隆景の感染が判明。

その後、同じ部屋の24人がPCR検査を受け、今回あわせて12人が陽性となっている。

(写真: 時事通信)

(FNNプライムオンライン1月1日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース