両陛下が「新年祝賀の儀」 新型コロナで規模縮小

社会 皇室


皇居では、天皇皇后両陛下が新年のあいさつを受けられる「新年祝賀の儀」が、新型コロナウイルスの影響で規模を縮小して行われた。

両陛下は宮殿で、秋篠宮ご夫妻をはじめ皇族方とともに三権の長などから新年のあいさつを受けられ、陛下は「年頭にあたり、国民の幸せと国の発展を祈ります」と述べられた。

このあと両陛下は、各国の駐日大使などから祝賀を受けられ、長女の愛子さまも新年のあいさつのため皇居を訪問された。

また、実施が見送られた「新年一般参賀」でのおことばに代わり、陛下は皇后さまとともに初めて、コロナ禍の国民に向けビデオメッセージを寄せられた。

天皇陛下「ことしが皆さんにとって、希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います」

皇后さま「どうぞ皆さま、くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように」

(FNNプライムオンライン1月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース