米で感染者 累計2000万人超 ワクチン接種開始も...

国際 医療・健康


新型コロナウイルスの感染者が、世界で最も多いアメリカで、感染者の累計が2,000万人を超えた。

アメリカのジョンズ・ホプキンズ大学の集計によると、日本時間の2日未明、アメリカの新型コロナウイルスの感染者の累計が2,000万人を超えた。

2020年12月は、月の半分以上で、1日の新規感染者が20万人を超えていた。

アメリカでは、12月中旬からワクチンの接種が始まっているが、保健当局は、12月30日朝の時点で、およそ1,240万回分の供給に対し、実際に接種したのは、280万人に満たなかったと発表している。

(FNNプライムオンライン1月2日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース