除雪機に巻き込まれ男児死亡 新潟・柏崎市

社会


新潟・柏崎市で3日、9歳の男の子が、除雪機に巻き込まれて死亡した。

3日午後1時すぎ、柏崎市宮之窪の住宅を兼ねた、会社事務所の駐車場で、この家に住む小学3年生の9歳の男の子が、除雪機に巻き込まれ死亡した。

事故当時、会社を経営する父親と従業員が、除雪機のエンジンをつけたまま、別の作業をしていたところ、雪遊びをしていた男の子が除雪機に近づき巻き込まれたということで、警察はくわしい状況を調べている。

新潟県内では、3日は妙高市で、58歳の男性が除雪作業中に2階の屋根から転落し死亡したほか、魚沼市でも、除雪中に車庫から転落したとみられる80歳の男性が死亡するなどの事故が相次いだ。

(FNNプライムオンライン1月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース