安倍前首相の不起訴 検察審査会に申し立て


安倍前首相の不起訴に「不服」。

市民団体が、検察審査会に申し立てた。

「桜を見る会」の前夜祭をめぐる問題では、収支報告書に費用を記載しなかった罪で、安倍氏の公設秘書が略式起訴され、罰金100万円を命じられた一方で、安倍氏本人は不起訴となった。

これに対して、市民団体は「重大な事実誤認があり、著しく不当」として、検察審査会に審査を申し立てた。

今後、検察審査会で、不起訴処分が妥当かどうか検討されることになる。

(FNNプライムオンライン1月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース