緊急事態宣言 早ければ木曜に 都は「時短午後8時まで」方針


4日、感染が発表されたのは、人気グループ・関ジャニ∞の横山裕さん(39)。

ジャニーズ事務所によると、横山さんは3日午前、38度の発熱とのどの痛みがあり、PCR検査を受けたところ、陽性であることが確認された。

4日になり、マネジャー2人の陽性も確認された一方、残る関ジャニ∞のメンバーは陰性だったという。

新年の仕事始めとなった1月4日。
菅首相が大きな方針転換を決断した。

菅首相「1都3県について、改めて、先般時間短縮を20時までの前倒しを要請をいたしました。そして国として緊急事態宣言の検討に入ります」

政府は、2020年4月に発令した緊急事態宣言を東京・神奈川・埼玉・千葉の1都3県を対象として、週内に再び発令する方向で調整に入った。
発令期間は1カ月程度とする案が浮上している。

会見で菅首相は対策の重点分野を具体的に示した。

菅首相「経路不明の感染原因の多くは、飲食によるものと専門家が指摘をいたしております」

政府は感染原因の多くは飲食として、1都3県の飲食店などに対するさらなる時短営業を要請。

これを受け、東京都は酒類を提供する飲食店などに午後10時までとしていた時短要請を、2時間前倒し、午後8時までとするほか、対象店舗も飲食店全般に拡大する方針。

また、これまでは事業者ごととしていた協力金を店舗ごとに支払う方向で調整し、金額を1日当たり5万円に増額する案などが検討されている。

小池都知事「今ポイントはスピードだと思います。それと実効性だと思います」

小池知事は2日、3つの県の知事と緊急事態宣言に消極的だった政府に再発令を直談判。

こうした中で菅首相は方針転換を余儀なくされた形だが、政府関係者はこの週末、小池知事への不満を口にしていた。

政府関係者「先月に小池知事が時短要請に応じていたら、こんなことになっていなかった」

4日の会見でも菅首相からこんな発言が。

菅首相「北海道、大阪など時間短縮を行った県は結果が出ています」

さらなる時短要請に、東京・新橋のホルモン焼き店は...。

ホルモン ユカちゃん 藤嶋由香オーナー「自分たちが守っていても結局、感染者が減らなくて、同じ繰り返しっていうのになるのがすごくつらいですね」

この店では、前回の宣言時、午後8時までの時短要請を受け入れ、都の協力金100万円を受給したが、今回は要請を受け入れない考え。

ホルモン ユカちゃん 藤嶋由香オーナー「固定経費だけで160万はかかるので、人件費と家賃だけで。仕入れとか、いろんなことを考えたら赤字続きになるので、8時ははっきり言って話にならないです」

多くの百貨店や飲食店などが休業要請を受け入れた前回の緊急事態宣言。
宣言が発令された1カ月後には、都内の感染者数が劇的に減少するなど大きな効果が見られた。

しかし、前回と今回ではコロナへの意識の変化もあり、人々の受け止め方はさまざま。

20代「1回目の(緊急事態宣言)時にステイホームしていても、これだけ感染者が増えちゃうと、ステイホームしていても意味ないかなって気持ちになっちゃいますよね」、「もう(東京の感染者数)1,000人が普通になってきている。だから危機感も感じないし、(外に)出ちゃうのかなって」

(FNNプライムオンライン1月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース