1都3県 県外への移動 年末年始4割減


緊急事態宣言が、最短で7日に発令する日程が検討される1都3県では、年末年始の県外への移動が4割近く減る傾向にあった。

ソフトバンクの子会社「Agoop」が、携帯電話の位置情報などから解析したデータによると、2020年12月26日から2021年1月3日までの間に、東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県の1都3県から県外に移動した平均の人口は、前の年の同じ時期に比べ、およそ4割減って58.6%だった。

また、大阪府、京都府、兵庫県の2府1県からの県外移動も、およそ4割減の60.6%だった。

(FNNプライムオンライン1月4日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース