豊洲市場 マグロ初競り 一番マグロ2084万円

経済・ビジネス


東京・豊洲市場では、マグロの初競りが行われ、一番マグロが2,084万円の値をつけた。

場内で威勢のいいかけ声が響く中、初競りが行われ、2021年は208.4kgの青森・大間産のクロマグロが2,084万円で競り落とされた。

1kgあたり10万円の値がついたことになる。

一番マグロは、2019年は過去最高額の3億3,360万円、2020年は1億9,320万円に対し、2021年は2,084万円とかなり差がついたが、新型コロナウイルスの影響が反映されたものとみられている。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース