首都圏との往来 不安の声 7日に発令決定へ

社会 経済・ビジネス


政府が7日の「緊急事態宣言」発令を決定することを受けて、関西のビジネスマンからも、影響を心配する声が聞かれた。

大阪の伊丹空港から首都圏に出張で向かうビジネスマンからは、仕事への影響を懸念する声が上がっている。

金属関係の仕事「周りの大手企業が閉まるので、取引が停滞してくる。取引はテレワークではできないので、在庫を抱えているだけになる」

旅行関係の仕事「オンラインでも(会議を)やっているけれど、対面じゃないと細かいところが伝わらない」、「(緊急事態宣言が出るとできなくなる?)できないですね。自分自身も行きたくないですし」

システム関係の仕事「2カ月でやらないといけない仕事があるので、テレワークになると、スケジュールが遅れるという懸念をしています」

国の新たな動きは、関西にも影響があるとみられる。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース