“仕事始め”の人出 前年比大幅減 テレワーク・分散休暇影響か

社会 暮らし 経済・ビジネス 仕事・労働


4日の仕事始め、東京のオフィス街のある駅の人出が、2020年に比べ、大幅に減少していたことがわかった。

ソフトバンクの子会社Agoopが解析したデータによると、多くの企業などが仕事始めを迎えた、4日の午前9時時点の東京駅の人出は、2020年の仕事始めの6日の同じ時間に比べ、56.4%減った。

また、新橋駅では69.2%、品川駅では62.5%など、それぞれ減少した。

2週間前に比べても、東京駅で33.3%減少するなど、各駅ともに3割程度以上の減少となった。

政府は、企業などに対し、テレワークの推進を要請しているのに加え、年末年始の休暇を分散して取得するよう呼び掛けている。

(FNNプライムオンライン1月5日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース