4月解散「あるかもしれない」 自民・下村氏が認識示す

政治・外交


自民党の下村政調会長は、5日夜、BSフジ「プライムニュース」で、菅首相が4月に予定される2つの補欠選挙にあわせ、衆議院の解散・総選挙に踏み切るかもしれないとの認識を示した。

自民・下村政調会長「(4月の)補選のときに、解散総選挙もわたしはあるかもしれないと。自民党が(補選で)両方負けるということになったら、そのあとは政局になる可能性がある」

吉川貴盛元農水相の議員辞職などにともない、4月25日に衆議院・北海道2区と参議院・長野選挙区の2つの補欠選挙が行われる予定。

下村氏は、「補選は厳しい。2つで負けると、菅政権に大ダメージになる」としたうえで、菅首相が、4月までに実績を作り、補欠選挙と同日の衆議院選挙に踏み切る可能性もあるとの認識を示した。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース