「アリペイ」など中国アプリ禁止 トランプ氏、大統領令に署名

国際


アメリカのトランプ大統領は、中国の電子決済サービス「アリペイ」など、中国アプリに関わる取引を禁止する大統領令に署名した。

取引禁止の対象となるのは、ネット通販最大手「アリババグループ」系列の「アリペイ」のほか、対話アプリ「WeChat」の決済サービスなど、あわせて8つのアプリやソフトウェア。

トランプ大統領は5日、国民の個人情報が中国に流出するおそれがあり、安全保障上の懸念があるとして、取引を禁止する大統領令に署名した。

発効時期は45日後としているが、地元メディアは、バイデン氏への政権交代が行われる1月20日より前に、商務省が実施に移すとの見通しを示していて、中国側の反発は必至。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース