【速報】「国会議員の夜の会食控えて」 日本医師会会長が言及

政治・外交 社会 医療・健康


日本医師会の中川会長は、今後も新型コロナウイルスの感染が拡大した場合、緊急事態宣言を全国的な発令の必要性もあると指摘し、まずは、国会議員全員が夜の会食を控えて、国民に模範を示すべきだと提案した。

日本医師会・中川会長「今回の緊急事態宣言は、1都3県に限定したものだが、今後の感染拡大の状況によっては、全国的な発令も考えなくては」、「緊急事態宣言下においては、全国会議員の夜の会食を人数にかかわらず全面自粛しては。国会議員に範を示してもらいたい。『まず隗(かい)より始めよ』です。新年迎えたここで仕切り直して、再び連帯感・危機感・緊張感を持っていきたい」

中川会長は、日本医師会として、早ければ2月下旬から接種がはじまるワクチンの接種体制構築の準備を進めていると述べた。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース