東京都で時短受け...1日6万円協力金検討


7日、1都3県に対して緊急事態宣言が出された際、東京都は、飲食店とカラオケ店に対して営業時間を午後8時までに短縮するよう要請することにしているが、関係者によると、この時短要請に応じた場合、1店舗あたり1日6万円の協力金を支払う方向で調整しているという。

(FNNプライムオンライン1月6日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース