緊急事態宣言で明日からどうなる?  営業時短、外出自粛、人数制限

社会 暮らし 経済・ビジネス 医療・健康


菅首相は7日、新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言を、2月7日まで1都3県に発令する方針。

8日から、わたしたちの生活に、どのような影響があるのか。

まず、スーパーマーケットやコンビニエンスストアは、通常通りの営業を続ける。

そして、学校は一斉休校しない。

また、大学や高校の入試は、感染対策をしたうえで実施される予定。

現金が必要になった場合、ATM(現金自動預払機)も通常通り利用できる。

自治体は、飲食店やカラオケ店に対し、酒類の提供は午後7時まで、営業時間は午後8時までの時短要請を行う。

要請に応じない場合は、店名を公表することができるようになる。

そして、ファストフード店の中には、営業時間を午後8時までに短縮する方針を出しているところもある。

そして、前回は休業を要請された映画館だが、今回は、一部の大手シネコンが、8日以降の上映は前売り券の販売を1都3県の劇場で取りやめる。

ただ、当日券は販売するという。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース