“今季最強寒波”各地で被害 引き続き暴風雪に警戒

社会 暮らし 気象・災害


この冬一番の寒波到来で、日本海側を中心に大雪や暴風雪となるおそれがあり、すでに各地で影響が出ている。

強い寒波の影響で、全国的に風と雪が強く、東北や北陸を中心とした各地に暴風雪警報が出ている。

7日正午ごろの静岡・熱海市の映像には、強風によりロータリーの屋根が飛び、落ちた屋根をタクシー運転手が運んでいる様子がとらえられていた。

7日午後1時すぎの新潟・佐渡市の映像には、波が岸壁にぶつかり、しぶきを上げている様子がとらえられていた。

今後、北日本は、7日夜から8日にかけて、西日本では8日朝まで風が強く、暴風雪にも警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース