アメリカの首都が...騒然 前代未聞 乱入のきっかけ

国際


ワシントンに集まった、ほとんどマスクなしの集団。

連邦議会議事堂への乱入は、このあと起きた。

トランプ大統領の敗北を受け入れられない支持者が、議事堂を取り囲んで、大変なことになっていた。

一部は、敷地の中に入り込んでしまった。

騒然とする議事堂の周辺。

人種差別的として論議を呼んでいる、南北戦争時代の南部の旗を掲げて銅像に登る人や、議事堂を警備する治安部隊が殺気立った群衆に照準を合わせる姿も。

そして一部が、議事堂になだれ込んだ。

議会では、大統領選でバイデン氏が勝利したことを承認する審議が行われていたが...。

前代未聞の事態を、全米のメディアは一斉に生中継。

混乱のきっかけ、それは、この人のこの演説だった。

トランプ大統領「われわれは諦めない、敗北を認めない。議会へ向かって歩いていこう」

徹底抗戦をアピールし、支持者の感情をあおっていた。

乱入した支持者たちに家に帰るよう呼びかける中でも、「みなさんの傷はわかる。大勝利だったはずの選挙が盗まれた。皆知っている」

こうした主張を続けたため、トランプ大統領のツイッターアカウントは停止された。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース