1都3県「緊急事態宣言」 飲食・イベントなど対象

政治・外交 社会 経済・ビジネス 暮らし 医療・健康


新型コロナウイルスの感染拡大を受け、菅首相は政府対策本部で、1月8日から2月7日までの1カ月間、首都圏の1都3県に緊急事態宣言を発令した。

菅首相「(諮問委員会で)全国的かつ急速なまん延により、国民生活、および国民経済に甚大な影響を及ぼすおそれがある事態が発生したと認められました。これをふまえ、特別措置法の規定に基づく緊急事態宣言を発出をいたします」

東京、神奈川、千葉、埼玉の1都3県を対象とした緊急事態宣言の期間は、1月8日から2月7日までの1カ月間。

菅首相は、「これまでの経験に基づき、効果のある対象に徹底的な対策を行う」と強調した。

具体的には、飲食店の営業時間短縮、テレワークによる出勤者の7割減、午後8時以降の外出自粛、イベントの人数制限の4つを挙げた。

また、GoToトラベルについては、緊急事態宣言中は、停止する扱いを継続すると説明した。

そして、菅首相は「国民の命と暮らしを守ることを第一に、都道府県と緊密に連携し、何としても感染拡大を食い止める対策を進める」と強調した。

(FNNプライムオンライン1月7日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース