通勤客 いぜん数多く “7割減”目指すも

社会 暮らし 仕事・労働 医療・健康


政府が「出勤者数の7割減」を呼びかける中、8日朝の東京駅や品川駅などでは、7日と変わらず、多くの通勤客の姿が見られた。

8日午前8時ごろの東京駅では、マスクを着けて、足早に出勤する人の姿が多く見られる。

7日の出勤風景と比較すると、変わらず多くの人が駅を利用していることがわかる。

品川駅でも、通勤や通学などで多くの人の姿が見られ、7日と比較しても変化はあまり見られない。

また、「出勤者数の7割減」が呼びかけられる中、通勤客からは「出勤人数を減らせるよう取り組んではいるが、実際に7割まで行けているかっていうと、そこまで行ってない」、「(緊急事態宣言が)きのう出たばかりで、きょうはどうしても、対面の打ち合わせがあるので(出勤します)」、「在宅を進めているが、どうしても出社しないといけないときが多い」などと、さまざまな声が聞かれた。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース