「出勤者数の7割減」でテレワーク85%の企業も オフィスはガラガラ

経済・ビジネス 社会 仕事・労働


政府が、「出勤者数の7割減」を呼びかける中、8日朝の東京駅や品川駅などでは、7日と変わらず、多くの通勤客の姿が見られた。

こうした中、在宅勤務を強化する動きが相次いでいる。

日立製作所では、これまで在宅勤務の割合について、70%以上を目標にしてきたが、1都3県にある拠点の2万2,000人を対象に、85%以上に引き上げる。

このフロアには、150人分ほどの座席があるが、8日は、スタッフはほとんど出社していなかった。

日立製作所 人事統括本部・長谷山恭司氏「在宅勤務でできる仕事、会社に来てやらないといけない仕事、効率が落ちない仕事という観点で、もう一度再設定していかないといけない」

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース