1床あたり450万円の支援金 コロナ患者受け入れで


新型コロナウイルスの患者用の病床を新たに確保するため、1床あたり450万円の支援金を上乗せする。

田村厚生労働相は、病床確保のため、緊急事態宣言が出された首都圏の1都3県で、新たに新型コロナ患者用の病床を確保した医療機関に対し、1床あたり450万円の支援金を上乗せして、最大1,950万円を補助すると発表した。

また、緊急事態宣言の対象外の道府県でも、一定の条件を満たせば、300万円を上乗せして支給するとしている。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース