日本政府に賠償命令の判決 韓国での元慰安婦訴訟

国際


韓国の元慰安婦訴訟で、日本政府に賠償命令。

この裁判は、旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性12人が、日本政府に損害賠償を求めたもの。

日本政府は、主権国家は外国の裁判で被告にはならないという国際慣習法「主権免除」を理由に裁判に参加していない。

ソウル中央地裁は8日、「反人道的な不法行為で主権免除は認められない」とし、日本政府に対し、およそ1億1,400万円を支払うよう命じた。

一方、韓国政府は「裁判所の判断を尊重する」としているが、日本とは「未来志向的な協力を続けられるよう努力する」とコメントしている。

この判決を受けて、菅首相は8日午後、判決を厳しく批判した。

菅首相「わが国としては、このような判決が出されることは断じて受け入れることはできません」

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース