入院応じない感染者 政府が「罰則」を検討


新型コロナウイルスに関する政府と与野党の会議で、政府側は、入院措置に応じない感染者に対する罰則を、新たに設ける方向で検討に入ったことを明らかにした。

政府は、1月18日に召集される通常国会に感染症法の改正案を提出し、成立を目指したい考えだが、与野党の中に慎重論もある。

一方、新型コロナ特措法の改正に向けては、時短営業の補償の内容について議論が行われたが、要請などに応じない事業者に科す罰則の具体的な内容や金額などは示されなかった。

(FNNプライムオンライン1月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース