神奈川 自宅療養の男性死亡 職員“安否確認”に気づかず

社会 医療・健康


神奈川県で、新型コロナウイルスに感染し、自宅で療養していた60代の男性が、1月6日に死亡していたことがわかった。

男性は1月3日に陽性と判明し、神奈川県の基準では入院相当だったが、本人の希望などから、保健所の判断で自宅療養としていた。

その後、5日になって、AIが自動で行う安否確認の連絡に応答がなく、その場合、職員が直接電話で確認することになっていたが、気づかなかったという。

翌日、男性の親族が自宅で倒れているのを発見し、搬送先の病院で死亡が確認された。

死因は、新型コロナウイルスによるウイルス性肺炎だという。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース