コロナ 入院拒否に罰則検討 休業要請違反に「命令」も

政治・外交


新型コロナウイルス感染者が入院勧告を拒んだ場合に、刑事罰を科す方向で、政府が検討に入ったことがわかった。

政府が8日、与野党の会議で示したもので、18日召集の通常国会に提出予定の感染症法改正案に、罰則規定を盛り込みたい考え。

一方、新型コロナ特措法の改正について政府は、時短や休業要請に応じない事業者に対し、知事が要請や指示より強い「命令」をできる規定を盛り込む方向で検討に入った。

罰則として「過料」を科すことも検討している。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース