今季最強寒気で記録的大雪 富山積雪1メートル 立ち往生も

社会 暮らし 気象・災害


今シーズン最強の寒気の影響で、北陸を中心に記録的な大雪に見舞われている。

9日朝の富山市内では、降り積もった雪の影響で国道が通行止めになり、渋滞が発生していた。

8日、35年ぶりに積雪が1メートルに達した富山市は、車の立ち往生や電車の運転見合わせなど、交通機関の乱れが発生。

富山県内を走る、あいの風とやま鉄道は、9日も始発から昼ごろまで上下線で運休するという。

週末も、北陸を中心に同じようなところで雪が強まり、10日の朝までに予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで、北陸で100cm、東海で70cmなどとなっている。

雪は10日にかけて、さらに降り続く見込みで、車の立ち往生などの交通障害や停電などのおそれがあるため、厳重な警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース