金正恩氏、“米は最大の主敵” 大統領選後 初の“発言”

国際


北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長が、朝鮮労働党大会での報告で、アメリカを「最大の主敵」と表現し、「誰が権力の座についても実体は絶対に変わらない」と述べたと、北朝鮮メディアが伝えた。

アメリカ外交に関する発言内容が伝えられるのは、大統領選後初めてで、バイデン次期政権に向け、敵対姿勢を鮮明にした。

また金委員長は、固体燃料の大陸間弾道ミサイルの開発など、核戦力を強化する方針を示した。

(FNNプライムオンライン1月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース