大雪影響 約1000台立ち往生 長時間移動できず

社会 暮らし 気象・災害


記録的な大雪に見舞われている北陸地方を中心に、車の立ち往生が相次いでいる。

福井県と富山県は、自衛隊に災害派遣を要請したものの、解消のめどは立っていない。

あわせて1,000台以上の車が立ち往生している、福井県の北陸自動車道。

北陸自動車道の福井北インターチェンジ近くの下り線では、10日午前11時50分現在もトラックや車の列が続いている。

福井県内では、8日から強い雪が降り続いていて、9日正午ごろに、積雪による事故が発生し、車両の滞留が拡大した。

福井県北部の高速道路では、現在も立ち往生が続いていて、その数は1,000台以上にのぼる。
解消のめどは立っていない。

時折、車から降りてくるドライバーの姿も見られたが、疲れたような表情で、どこかに電話をしている様子も見られた。

ドライバーの体調も心配される。

福井県の杉本知事は、自衛隊に災害派遣を要請し、車両の救出や食糧の配布を求めている。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース