福井で一時1000台超 立ち往生 富山・新潟でも交通障害

社会 暮らし 気象・災害


大雪で、福井県の北陸自動車道では一時、1,000台以上の車が立ち往生するなど、各地で被害が出ている。

北陸自動車道では、大雪の影響で、9日夜から車が立ち往生していて、10日朝から、自衛隊による救出活動が行われている。

福井県の北陸道では、一部区間の上下線で、最大1,000台以上の車両が立ち往生した。

夜が明けてからは、県がドライバーらに、食料や毛布などを配布するとともに、災害派遣要請を受けた自衛隊などが救助活動を行い、午後4時時点で立ち往生している車両は、およそ420台まで減少している。

一方、富山県では、東海北陸自動車道で、最大およそ200台が立ち往生していたが、除雪した場所から車をUターンさせるなどして、車両の数はおよそ90台まで減少した。

立ち往生から逃れたドライバー「いやー長かったですね、本当に。とにかく状況が全然わからなくて、そこが多分大変だったと思います」

また、新潟・上越市の国道8号でも、一時、250台が立ち往生していたが、現在は、ほぼ解消しているという。

北陸や新潟では、いったん雪は落ち着いているが、10日夜から11日朝にかけて、もう一度、除雪が追いつかないほどの大雪となるおそれがある。

引き続き、交通障害などに十分な注意が必要となる。

(FNNプライムオンライン1月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース