寒波で電力需給ひっ迫 家庭などに節電呼びかけ


暖房などの使用で、電力の需給は、中国電力で使用率が一時98%に達するなどひっ迫している。

このため、大手電力会社で作る電気事業連合会は、家庭などに対し節電の呼びかけを始めた。

寒波が続く中、「電力需給がさらに悪化する可能性がある」として、暖房以外の照明など、電気機器の使用を日常生活に支障がない範囲で控えることなどを呼びかけている。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース