大雪 2人死亡 70人けが 孤立世帯も


強い寒気の影響で、北陸地方は8日から記録的な大雪に見舞われている。

この雪は、午後にかけてやんでくる予想だが、北陸では今も断続的に雪が降っていて、交通への影響は続くとみられる。

富山市内から中継でお伝えする。

積雪が35年ぶりに100cmを超えた富山市の中心部。

雪は、10日の昼すぎから小康状態だったのだが、11日の未明から、再び雪が強まり始め、午前11時現在の積雪は123cmとなっている。

この大雪で、石川県との県境に近い氷見市の山あいで、木や電柱が道路をふさぎ、11日午前11時半現在も、あわせて79世帯153人が孤立している。

その近くでは、エンジンがかかったままの車の中から60代の男性の遺体が見つかった。

このほか、除雪中などのけがが相次ぎ、FNNのまとめでは、県内でこれまでに2人が死亡、少なくとも79人がけがや体調不良で病院に運ばれているという。

朝から取材を続けているが、路面の状態が非常に悪く、立ち往生する車が多くみられる。

引き続き、警戒が必要となる。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース