日韓“悪化”も解決策触れず 文大統領 新年あいさつ

国際


韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は11日、新年のあいさつを発表し、悪化する日韓関係について「発展のために努力する」と従来の立場を繰り返した。

文在寅大統領「韓日関係の未来志向的発展のためにも努力を続けていくでしょう」

文大統領は、いわゆる徴用工問題や、先週、日本政府に賠償の支払いを命じた元慰安婦による訴訟などについて、具体的解決策には触れなかった。

一方、北朝鮮に対して、「新型コロナ対策の過程で、共生と平和の糸口が見つかることを希望する」と対話を呼びかけた。

北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)委員長は、韓国が軍備強化や米韓合同軍事演習をやめれば関係は改善されるとの立場を明らかにする一方で、「コロナ対策での協力呼びかけは本質的ではない」とも発言しており、2021年も南北関係の改善は難しい情勢。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース