ニワトリ114万羽 殺処分へ 千葉で再び“鳥インフル”


千葉県の養鶏場で、県内2例目となる鳥インフルエンザが確認された。

千葉県によると、10日、いすみ市の養鶏場でニワトリ5羽が死んでいるのが見つかり、鳥インフルエンザウイルスが検出されたという。

いすみ市では、2020年12月にも鳥インフルエンザが確認され、およそ114万羽が殺処分されている。

今回も、およそ114万5,000羽が殺処分される見通しで、千葉県はニワトリや卵の移動や搬出を制限し、「防疫措置に全力で取り組む」としている。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース