首相がコロナ対応を協議 “緊急事態”拡大は?


大阪・京都・兵庫3府県からの緊急事態宣言の発令要請を受け、菅首相が関係閣僚と対応を協議した。

菅首相は午後、首相公邸で、西村経済再生担当相、田村厚生労働相、梶山経済産業相、加藤官房長官と、新型コロナウイルス対応を協議した。

西村経済再生担当相は9日、3府県の知事から直接緊急事態宣言発令の要請を受けており、こうした状況をふまえて話し合ったものとみられている。

菅首相は10日、3府県への対応について、「すぐ対応できるような準備はしている」としながらも、「もう数日の状況を見る必要がある」と語っており、その判断が注目される。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース