都心であす初雪か...積雪は? 交通機関への影響は


各地で雪の情報が入っているが、東京でも12日、積雪の予想がある。

くわしい予想について、フジテレビ・三井良浩気象予報士が解説する。

まず、12日にかけての雪の予想だが、東京都心については、タイミングが2回ある見込み。

その2回のタイミングというのは、時系列の天気で見てみると、夜明け前に1つ目のタイミングで、2つ目のタイミングがお昼ごろ。

なぜ2回のタイミングがあるのかというと、低気圧が2回通るため。

1回目は、関東の沖で11日夜に発生し、2回目は、南岸低気圧という低気圧が、11日夜、九州、四国の沖を通って、12日に関東に接近する予想。

気になるのは、積雪もあるのかというところ。

まず、雨になるか雪になるかが非常に微妙だが、12日の午前3時ごろの上空の気温を見ると、800~1500メートルでマイナスとなっている。

600メートル付近は0度だが、地表付近もほとんど0度近いため、この時、降るものがあれば雪のまま落ちてくる。

ところが、2回目のタイミングとなる12日のお昼はどうかというと、少し気温が上がってきて、800メートル付近でプラスになる。

600メートル付近は2度となり、雪が解けて雨に変わって、地表あたりにくると、ほとんど雨になるという温度。

また、連休明けの交通への影響はどうなのか。

路線図に雪の予想を重ねてみた。

12日午前0時だが、この段階ではまだ降っていないが、午前5時くらいになると、茨城や栃木などで雪の予想があるということで、降らない地域のほうが多いが、このタイミングで、もし降れば雪になる予想。

その後、いったん、この雪は午前7時にはやんでしまう見込み。

次の雪が、正午ごろに西から入ってくる予想で、午後2時の段階で雨雲、雪雲がかかってくる。

この時は、ほとんど平地では雨になってしまうが、例えば中央線だと、山梨県などでは雪の可能性があるため注意が必要。

ただ、この雨も気温が1度ずれると、雪に変わる可能性もある。

降雪量の予想。

例えば雪になった場合、東京都心23区では、多いところで1cmぐらい降る可能性がある。

それから、山沿いの地方では15cmぐらい降る可能性もある。

榎並大二郎キャスター「これが積もってくると、交通のまひというのが心配されますけれども、12日の朝はどんなことに注意が必要ですか?」

三井気象予報士「11日夜、気温が下がるということで、路面の凍結に注意。積雪もあり、路面が凍結するということで、とにかく、転倒事故と車の運転でスリップなどしないように、スタッドレスタイヤや滑り止めはない車は出かけないほうがいいと思いますし、交通機関に影響があるかもしれないので、交通情報に注意していただきたいと思います」

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース