【独自】角材で飼い犬殴る男性に直撃 虐待に「わたしはそうは思わない」


動物愛護団体に保護された、1匹の柴犬。
長い間、角材で殴られるなど虐待を受けていた。

飼い主を直撃取材した。

画面奥に向かって歩く男性。
飼っている柴犬が、目の前に現れると...。

カメラがとらえたのは、飼い主により繰り返された虐待の様子。

さらに、飼い主が手にしたのは、長さ1メートル以上はあろうかという角材。
そして、角材で柴犬をたたいた。

映像で確認できただけで、角材での虐待は17回。

この直後、飼い主は、何食わぬ顔で散歩をしていた。

この映像は、神奈川・伊勢原市で2020年8月に撮影されたもの。

飼い犬への虐待は、その後も続いていた。

2020年11月の映像でも、飼い主が手にしていたのは、あの角材だった。

虐待の様子を撮影したのは、近所に住む男性。

最初に虐待を目撃したのは、11年前。
飼い主が犬を飼い始めた直後だったという。

近所に住む男性「リードを持ったまま、(犬を)投げつけたんですよ。それがテラスの柱にバーンって当たって、ひどいことするなって思ったのが一番最初ですね」

なぜ11年もの間、虐待行為を繰り返していたのか。

「FNN Live News イット!」は飼い主に直接、話を聞いた。

柴犬の飼い主「虐待じゃなくて、犬がやっぱりほえるからね。隣近所に迷惑かけるから、懲らしめるためっていうかね...」

飼い主は、犬の鳴き声が近隣の迷惑になることへの“お仕置き”としてたたいたため、「虐待ではない」と主張した。

柴犬の飼い主「(ちょっとやり過ぎたと思う?)そりゃあ人から見ればね、そういう方もいるでしょうよ。やり過ぎたことは確かにやり過ぎたかもしれないけど、わたしはそうは思わない。わたしは古い人間だから、そういう鍛えられながらね、運動系で鍛えられながら、ここまで来たんでね。やっぱり鍛えるっていうか、悪いことしたら、そういう(お仕置き)...」

あの虐待を受けていた柴犬の11日の様子。

虐待を撮影した男性が動物愛護団体に相談したことで、2020年12月24日に保護された。

柴犬は「ポン太」と名づけられた。

愛護団体は、検査などが終わり次第、新たな飼い主を募集していくとしている。

おーあみ避難所からポン太くんを預かる門倉さん「人は怖がらないですね。人懐っこくて、そこがせめてもの救い。今後、警察とかいろんな調査があるので、すべて終わった段階で里親さんを探すと思う」

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース