14日に中国入り WHOが感染源調査

国際


国際調査団が現地入りする。

中国の衛生当局は、WHO(世界保健機関)の調査団が14日に中国入りし、中国側の専門家とともに、新型コロナウイルスの発生源について合同調査を行うと発表した。

調査団は当初、1月初めの現地入りを目指していたが、中国から入国に必要な許可が得られず、テドロス事務局長が「失望」を表明していた。

一方、中国外務省の報道官は、「協議の中で誤解が生じたのかもしれない」などと釈明していた。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース