豪・メルボルンで住宅火災 日本人母子4人死亡 夫か? 50歳男性搬送

国際


オーストラリアのメルボルンで、住宅が焼け、日本人の母親と幼い娘3人が死亡した。

メルボルン南東部の住宅で、10日未明に火災が発生し、浴室から4人の遺体が見つかった。

現地の報道によると、死亡したのは、30代の日本人女性、キクチ・カオルさんと、3歳・5歳・7歳の3人の娘。

また、50歳の男性がやけどをして病院に搬送されたということで、キクチさんの夫とみられている。

近所の人「男性は火を消し止めようとしていたが、バケツが小さく、火は大きすぎた」

近所の人「母親と娘たちは素晴らしい人たちだった。とても悲しい」

消防が駆けつけた際、火は、ガレージから最も激しく出ていたという。

キクチさんの知人によると、キクチさんは、夫と近く別居する予定だったということで、警察は、搬送された男性の回復を待って、出火の原因などを調べることにしている。

(FNNプライムオンライン1月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース