太平洋側で大雪のおそれ 交通への影響に注意


西日本と東日本の太平洋側では、昼ごろにかけて、平地でも大雪のおそれがある。

雨や雪の予想を見ると、12日午前6時現在、西日本で降っている雪や雨が次第に東へと広がる。

関東では雨が中心だが、予想より気温が低くなると雪になる可能性がある。

夕方以降は天気が回復し、雨雲は東へと離れる見込み。

12日夕方までに予想される雪の量は、いずれも多いところで、東海・近畿・四国で20cm、中国・九州北部で15cmなどとなっている。

大雪や路面凍結による交通への影響に注意が必要となる。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース