イギリス ワクチン接種加速 大型施設を続々開設

国際


新型コロナウイルスの感染拡大が深刻なイギリスは、大型施設を新たに開設するなど、ワクチンの接種を加速させている。

先週、「重大事態宣言」が出されたロンドンでは11日、ワクチン接種のための大型施設が近郊にオープンした。

競馬場も接種会場の1つとなっていて、朝から多くの人が訪れていた。

接種を受けた夫婦「安心した」、「これでもう大丈夫だと思う」

こうした大型施設は、サッカー場など、イングランドに新たに7カ所開設され、政府は2月中旬までに、全国で1,500万人への接種を目指している。

一方で、政府の専門家が「ワクチンの効果が現れるまで、今後数週間はさらに状況が悪化するだろう」と述べるなど、感染拡大に歯止めをかけられるかは不透明。

(FNNプライムオンライン1月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース